エアコンによる冷えに注意!

連日
暑い日が続いています。
エアコンがないと過ごせません。
ところが夏場の冷えによる
カラダの不調や痛み
特に肩こりや腰痛に悩まされることも
少なくありません。

エアコンによる

       冷え予防の注意点

1.外気温との差は10度以内

1日の気温差が10度以上になると体調不良やギックリ腰などが多くなります。カラダへの負担がかからない温度差に設定しましょう。
からだ回復処和屋では28度設定です。

2.皮膚の露出は極力少なく

暑いと薄着になるだけではなく肩や膝か出る衣服も多くなります。暑いのでカラダは体温が上がらないよう血流を抑えようとしているのに、皮膚を露出して更に冷やそうとするのは要注意です。薄手のカーディガンなどをご用意しておきましょう。

3.水分補給は温かい飲み物を

暑い時は冷たい飲み物をたくさん飲みたくなりますが、エアコンで快適な環境の中、もっと体を冷やすような冷たい飲み物は控えましょう。熱中症予防の為にも、常温の水、または少し温かい飲み物で、こまめな水分補給を心がけたいものです。

4.正しい姿勢と運動

最後に1番大事な姿勢と運動です。骨盤が立っている状態が基本です。座っていても骨盤の状態が重要です。そして筋肉を動かすことです。ここではあくまでも血流を促すためのものであって、激しい運動ではありません。室内でも関節が動くように、1時間に1回程度、心がけたいものです。

以上4点に心がけて不調や痛みが
出ないようにご注意ください。
また
なかなか改善しない痛みについては
お気軽にご相談ください。

からだ回復処 和屋-かほく市の整体院

〜健康は姿勢から〜 「もまない」「押さない」「たたかない」 カラダに優しい手技による全身の施術

0コメント

  • 1000 / 1000