カラダも秋仕様に

稲刈りが始まり収穫の秋です。

昨日からの雨で

いっきに秋らしくなってきました。


何よりも

朝夕の気温が下がり

半袖では肌寒く感じます。


暑い時はカラダから

熱を放散させるため

毛穴を開いたり

皮膚近くの血流を良くして

車のラジエーターのような

役割を果たしたりします。


気温が下がり寒さを感じると

カラダから熱が逃げないように

毛穴を閉じ血流は

ゆっくりとなります。


秋口は過ごしやすいのですが

気温差が10度近くあり

カラダは全く逆の働きが

多くなります。


エアコンで

昼は冷房、夜は暖房を入れて

過ごすようなものです。

どれだけ負荷がかかっているか

わかっていただけると思います。


カラダでは

この気温の変化には

筋肉の働きがとても重要なのです。

当然、負担も大きくなります。

たいして動いてないのに

疲れているのはこの為でもあります。


だから

負担がかかり疲れた筋肉は

ケアが必要となります。

薬やサプリメントもいいですが

自分本来の回復力を高める

無痛の全身施術もオススメです。

秋仕様のカラダにしませんか。

からだ回復処 和屋-かほく市の整体院

〜健康は姿勢から〜 「もまない」「押さない」「たたかない」 カラダに優しい手技による全身の施術

0コメント

  • 1000 / 1000