小・中学生から歪み改善

週末には小・中学生の兄弟が施術に来ました。中学生のお姉さんは陸上、弟さんはサッカーとスポーツ一家です。
最近は小学校低学年から競技スポーツを始めることが多くなっています。早く始めることがいけないわけではないのですが、同一競技を長く続けるとカラダの使い方や動きが決まってくるため、筋肉が強張った箇所も決まってきます。腰や膝、脚が痛いと言い出すことも多くなり、病院でレントゲンを撮っても異常がないことがほとんどです。だいたいが筋肉痛の症状でそのうち痛みがなくなっても、使い方が変わらないので、慢性の痛みになることも多いです。

ではこのような痛みはどうすれば良いか?

動的なストレッチをゆっくり行い、筋肉をまんべんなく動かしてカラダ全体を弛めることが大切です。さらに、水分や栄養補給と休養が必要です。
それでも改善しない場合には、刺激の少ない方法で筋肉を弛めること、和屋の施術はおススメします。
歪みを改善しておくことでパフォーマンスの向上やケガ予防にもなるわけです。試合が続いた後や季節の変わり目あたりが施術のタイミングです。
お気軽にご相談下さい。

からだ回復処 和屋-かほく市の整体院

〜健康は姿勢から〜 「もまない」「押さない」「たたかない」 カラダに優しい手技による全身の施術

0コメント

  • 1000 / 1000