寒いからこそカラダを弛める

12月に入っても、気温が高い日があったので、寒さがカラダにこたえる感じがします。
体温を上げるために筋肉が力を入れるとともに熱がカラダから逃げないようにしています。
しかし、力を入れ続ける筋肉は血流が悪くなり、末端に血液が行きづらくなり末端は冷たくなってしまいます。単純にカラダを動かせば血流がよくなり暖かくなりますが、それができない仕事の場合は末端冷え性になりやすくなるわけです。
暖かい部屋でカラダを温める、お風呂に入ることもいいのですが、カラダを弛める方法としては、和屋の無痛の施術がオススメです。カラダが弛み血流がよくなるだけではなく、姿勢を改善することで弛んだ状態が維持できるからです。
寒さ対策は防寒用具だけではなく、施術でカラダを弛め血流をよくしてポカポカのカラダになりましょう。

からだ回復処 和屋-かほく市の整体院

〜健康は姿勢から〜 「もまない」「押さない」「たたかない」 カラダに優しい手技による全身の施術

0コメント

  • 1000 / 1000