高齢と転倒

こんにちは、からだ回復処和屋の西田です。

高齢になると転倒のリスクを高齢者に強く訴えかけるので

不安を助長させるとともに外出を不安にさせています。

私自身、年齢とともに筋力が低下していることを感じます。

高齢者の皆さんも少なからずとも実感し不安感も出ているはずで

さらにその不安をあおるかのように

転倒→骨折→入院→歩けなくなる

だから

「転倒しないように注意してね」

「転んで骨折したら大変」

などと言われるそうです。


でも

よく考えると子供でも若者でも転ぶことはあります。

2本足なのだから物理的に考えても転倒のリスクは

避けて通れないのです。


なぜ

高齢者が転ぶと

骨折や大きなケガになってしまうのか。

それは骨を守るべき筋肉の量が減っていたり

筋肉が固くなっているからと考えられます。

筋肉が少ない赤ちゃんは転んでも

ほとんどケガすることはありません。

もしかすると

「転んだらダメ」の意識が筋肉を強張らせているのでは?

むしろ

「人は転ぶもの」                                           

だから

転び方や筋肉の強張りを軽減する体操などが

大切だと思います。                                   

新聞に掲載されていた記事を読んで、ふとかんじたことです。                

からだ回復処 和屋-かほく市の整体院

〜健康は姿勢から〜 「もまない」「押さない」「たたかない」 カラダに優しい手技による全身の施術

0コメント

  • 1000 / 1000