12月22日(金)冬至の食べ物

今日はわりと穏やかな日でした。

1年で日が1番短い日が冬至です。

そして冬至の食べ物と言えば

カボチャです。

実はそれ以外にも

「ん」が2つずつ付く冬至の七種

があるそうです。

 

冬至の風習の1つに

「運盛り」というものがあります。

 

古来から日本には、季節の節目などに

お供え物を飾る(盛る)風習があります。

 

たとえば、ひな祭りには菱餅、十五夜

には月見だんごなどといったものです。

 

その風習のひとつに、冬至の運盛りが

あり、 冬至の七種と呼ばれる食べ物を

お供えしていました。

 

【冬至の七種(ななくさ)】

・南瓜(なんきん)※かぼちゃ

・蓮根(れんこん)

・人参(にんじん)

・銀杏(ぎんなん)

・金柑(きんかん)

・寒天(かんてん)

・饂飩(うんどん)※うどん

 

一見すると共通点が浮かびませんが

よく見ると「ん」という文字が2回

ずつつく食べ物なのです。

 

つまり、「ん= 運」のつく食べ物を

お供えしていたということです。

 

寒さも冬至から

さらに寒くなるとも言われています。

カラダケアも大切になります。

からだ回復処 和屋-かほく市の整体院

〜健康は姿勢から〜 「もまない」「押さない」「たたかない」 カラダに優しい手技による全身の施術

0コメント

  • 1000 / 1000