5月21日(月)内村選手から学ぶ

青空が広がるかほく市からおはようございます。
昨日の体操NHK杯は内村選手が3位から逆転優勝で体操の世界選手権の代表入りを決めました。
最終日の前の日にインタビューで「食ってやる」と言っていました。わずかなチャンスを生かして前人未到の10連覇を達成しました。
経験値が若い選手の勢いをも断ち切ったわけです。
優勝後のインタビューでは「I was king.でamではない」と話してたことでも、内村選手が自分の現状を理解していることがわかります。だからこそ自分本来のチカラを発揮できるのだと思います。
まだまだ内村選手の今後の活躍が楽しみです。

からだ回復処 和屋-かほく市の整体院

〜健康は姿勢から〜 「もまない」「押さない」「たたかない」 カラダに優しい手技による全身の施術

0コメント

  • 1000 / 1000