降圧剤の影響

今朝の新聞に降圧剤について書かれていました。薬を飲み続けることのリスクがあること。和屋に来院される方も血圧が高くて降圧剤を飲み続けていると話す方が多くいらっしゃいます。
高血圧は収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の人を言いますが、以前はもう少し高い基準に設定されていだと思います。血圧が140以上はかなりの方が該当してしまうのではないかと思います。
普段から血圧を測っておいて、自分自身で知っていることも大切です。私は病院で看護師さんに測ってもらうと「高いんじゃないか」と不安になり一気に上がってしまうこともありました。
つまり、食生活や運動不足などが影響することが多いかもしれませんが、心理的な影響も少なからずあると言えます。私は血圧と心拍数の関係は重要だと考えています。
カラダの緊張により血圧や心拍数にも影響は大きいからです。カラダが弛めば本来の血圧や心拍数に戻ると思います。実際に和屋で施術された方で血圧が下がったと話してくれた人もいました。
薬は飲み続けることになるので、カラダを弛めること、施術を試してみてはいかかでしょうか。

からだ回復処 和屋-かほく市の整体院

〜健康は姿勢から〜 「もまない」「押さない」「たたかない」 カラダに優しい手技による全身の施術

0コメント

  • 1000 / 1000