痛み止め飲んでます。

肩こりや腰の痛み、膝の痛みで

ご来院する方にお話を伺うと

「痛み止めを飲んでいます」

という方が大変多いです。

しかも

痛くなくても

飲み続けていますという

高齢の方が多いことに

またビックリです。

病院へ定期的に通院している方は

痛みがなくても

保険のように

もらってくると言います。


さて

痛み止めは薬ですが

副作用はご存知でしょうか。

上記サイトから参照させていただきました。

痛み止めの飲みすぎで起こるこんな症状

お薬を多く服用した場合、効果より副作用のリスクが上回り、次のような副作用が顕著に現れる可能性があります。お薬によっても様々な副作用があり、変わってきますので、詳しくは、薬剤師又は、公的文書をご確認下さい。

消化器症状

NSAIDsに分類される痛み止めの代表的な副作用として、消化器症状があります。症状としては、食欲不振、胃もたれ、腹痛などがあります。ひどい場合には、胃腸に激痛が起こり、胃炎、胃潰瘍などの消化性潰瘍を引き起こすこともあります。

特に、胃腸がもともと弱い方やすでに胃腸に潰瘍がある方は、服用を控えるようにしましょう。

そのため、痛み止めの服用は、空腹時を避ける指示があったり、痛み止めが処方される多くの場合、胃の粘膜を保護するお薬が合わせて処方されます。市販薬として購入する場合にも、胃の粘膜を保護するお薬が合わせて配合されているお薬もありますので、確認するようにしましょう。

薬物乱用頭痛

驚くべきことですが、薬剤を使用しすぎて頭痛がおこることがあります。「薬物乱用頭痛」と呼ばれています。片頭痛の治療薬や市販の鎮痛剤を頻繁に服用すると、頭痛がひどくなるといった報告があります。頭痛がひどくなり、さらに鎮痛剤を服用するといった悪循環に陥ります。

日本頭痛学会 薬物乱用頭痛

その他の副作用

その他にも、発疹・蕁麻疹等のお薬に対するアレルギー症状をはじめ、中毒性表皮壊死融解症、腎不全、うっ血性心不全、間質性肺炎、消化性出血、肝機能障害、喘息発作、髄膜炎、横紋筋融解症、再生不良性貧血などの重大な副作用症状が起こる可能性もあります。(ロキソニンの添付文書参考)

これだけの副作用を挙げてしまうと服用がこわくなってしまうかもしれませんが、通常は、指示された量を守り、正しく飲んでいれば、副作用が起こることは稀です。


さらにロキソニンですが

市販の薬と共に説明書が入っています。

読んだことはほとんどないです。

字が小さくて読めません(笑)

以下のサイトから

公的文書を

ご覧になってみてください。

効能だけではなく

副作用についても明記されています。

この機会にご覧下さい。

薬に頼らず

自分本来の姿勢に戻り

本来の回復力で

カラダの不調や痛みから

改善できるよう

施術と

カラダの使い方のアドバイスで

お手伝いいたします。

「健康は姿勢から」


薬に頼らない

カラダの不調や痛み改善は

お気軽にご相談ください。


からだ回復処 和屋-かほく市の整体院

〜健康は姿勢から〜 「もまない」「押さない」「たたかない」 カラダに優しい手技による全身の施術

0コメント

  • 1000 / 1000